刺繍と宝塚を楽しむ癒しの時間

宝塚歌劇

 

宝塚宙組公演

私にとって刺繍は最強のリラクゼーションタイムですが、宝塚歌劇もリフレッシュできる最高の時間です

先日宙組(そらぐみ)公演、「天は赤い河のほとり」とショー「シトラスの風」を観劇してきました✨

豪華絢爛、輝く美しい舞台を観ていると気持ちまでキラキラ✨してきます🎵

テレビや画像からでは感じることの出来ない生の音楽と舞台は、心に沢山の光を与えてくれます

 

時を楽しむということ

三時間の公演ですが、休憩をはさむので約二時間半という時間

私の刺繍のレッスンと同じ時間ですね

 

一日のうちに過ごす時間のうち、二時間半をどのくらい有意義に使っていますか?

二時間半は長いですか?

短いですか?

 

集中して過ごす二時間半はあっという間です

 

宝塚の華麗な舞台は最後のフィナーレで幕を閉じますが、フィナーレが始まると、楽しかった時間が終わってしまうのが残念で、あっという間の時間の流れをとても残念に思ったりしますが、これくらいがちょうど良いのでしょうね

また次も観たくなるくらいな長さが

d(⌒ー⌒)!

 

宝塚で楽しむ衣装研究

 

宝塚の衣装を実際に目にしたことがありますか?

衣装を展示するイベントがたまにあり、私も足を運んで見に行ったことがありますが、間近で見ると更にその素晴らしさを感じることができます

今回の公演は古代オリエントのお話です

私が特に目を奪われたのは、エジプト女王の美しさでした

宝塚では以前「王家に捧ぐ歌」という作品をしており、その時の衣装をアレンジされていましたが、この美しさはさすが宝塚だな✨と思わせるものでした

そんなわけで、今、お教室で人気のオートクチュールドールby crystal room をエジプト女王のイメージで作ってみました🎵

リアルの追及ではなく、あくまでイメージ

何かをみて、ポン❗と頭に浮かんだ時はすぐに形にしたくなります

それが私の癒しの時間です🎵

自己満足✨(#^.^#)

 

時間の使い方

 

生徒の方からよく言われる質問が

 

毎日レッスンがあり忙しいのに、制作に材料準備、家事、、というなかで、更に趣味の時間までよく使いこなせますね

 

と言われます

以前聞いたので、できるだけ実行するように心がけていることがあります

①すぐにやらなければならない緊急性を要するもの

②すぐにではないがやったほうが利になるもの

どちらを優先させていますか?

 

答えは②なんだそうです

ですから私は極力①ではなく②に気持ちを持っていくようにしています

 

月に一度のランチ会

月に一度、大好きなママ友仲間とランチをしています

もう15年、ほぼ毎月欠かさずつづいています

美味しいランチを食べて宝塚を語るので、ヅカ会と命名しました(笑)

幼稚園からのママ友なので子育ての話も交えたりしていたら、やっぱりあっという間の時間です

そして次回の日程は必ずその時に決めます

 

 

刺繍のレッスンでもそういう光景を沢山目にしていますが

まず予定をたてることができたら

そこから次につながりますので、長く続いていく秘訣にもなります

 

そうして長い月日を私の刺繍レッスンと共に過ごしてくださっていることは本当に有り難いことで、私にとって宝物です

 

まとめ

心がときめいたり、リフレッシュできる時間を持てることは本当に幸せなことです

でも、そういう時間というのは自分が欲して掴みにいかないと手に入らないのかもしれません

 

毎日の日常は無情にも過ぎていくのみで、時間は非情です

気づいたらあっという間に一年が過ぎてしまいますね

 

幸せは空から降ってくるとも言われています

だからちゃんと上を向いて手のひらを上に向けていないとキャッチしそびれてしまう

 

時間に左右されるのではなく

自分から時間をつかんで過ごしてみたら、楽しいことが空から降ってくるかもしれませんね🎵

 

幸せは下には落ちていないから

上を向いて歩きます🎵

 

チケットも天(そら)から降ってくる?

きた❗d(⌒ー⌒)!

 

コメント