玉止めと玉結びは失敗せずにできる!〜成功のコツ〜

未分類

 

 

この画像のように、赤い丸で囲ってある部分、糸を通す針穴はその他の針の部分よりもちょっと太くなっています
この画像は分かりやすく少し太い針を使用していますが、もっと細い針でもよく見ると針穴の方が太くなっています
この構造がわかっていれば、玉止めと玉結びがやりやすくなります!

 

玉結びのコツ

指にからめて作るやり方が一般的ですが、針に糸を巻きつけて作ってみましょう。このときにきつく巻きすぎないことがポイントです

 

一般的な玉結び

 

一般的な玉結びの方法は玉結びを作りたいところに指を入れながら輪っかを作り、糸先を引っ張って抜く

という玉結びの作り方です

 

でも、この方法が難しい方も多いと思います

そこで、、、

 

簡単な玉結びの作り方


一般的な玉結びの作り方よりも簡単な方法があります

 

まず糸の上に針を置きます
この時のポイントが十字になるように置くことです!

 

そのあと糸を2、3回針にグルグルと巻きつけます
この時のポイントはきつすぎず少し緩めに巻きつけることです

 

グルグルと巻いた糸を人差し指と親指でしっかりと抑えます

そして針穴の方に抑えている糸をスライドさせ、そのままずーっと糸先の方までずらしていくと綺麗な玉結びができます!

この時のポイントは抑えている指を緩めないことです!

 

緩めてしまったり、指をちょっと離してしまうと、このようにからめた糸が指の間から抜け出して、糸先ではないところに玉結びが出来てしまう原因になります

 

また、指を緩めたつもりではないのに上手くできない原因の1つとして、針穴の部分で巻きつけた糸が引っかかってしまうことが挙げられます

先程の針の構造を思い出して頂くとわかるのですが、針穴の方が他の棒の部分よりも太くなっています

きつめに糸を巻きつけると、針の棒の太さよりも太い針穴で引っかかってしまうんです

巻きつける時に少し緩めに巻いて、親指と人差し指とでしっかり抑えて引き抜けば、玉結びは綺麗にすることができます!

 

玉止めのコツ

針をおく位置に注意して、巻いた糸がずれないようにすることがポイントです。

そのためにも糸をきつく巻きすぎないようにしてみてください

よく起きる玉止めの失敗例

 

写真が暗くて少し見えにくいですが、玉と布との間に糸が余ってしまって、玉が浮いてしまいます

これだと

このように表のステッチが緩くなってしまい、綺麗な刺繍になりません

まずは玉止めを作るときに糸の根元、そして布にしっかりと針をくっつけます
これができていないと、玉は浮いてしまいます

そして糸を針に巻きつけます
玉結びと同様に、これもきつく糸を巻きすぎると引っかかってしまうので緩めに巻きます

きちんと親指で巻いた糸を抑えつけます
こちらも玉結びと同様にしっかりと抑えつけていないと失敗する原因になります

そして針を引き抜くと綺麗な玉止めが完成しました!


ですが気をつけていても玉止めは浮いてしまうこともあります
さらに、玉結びと違ってやり直しができないのが玉止めです

そういった時の応急処置がありますのでご紹介致します(^^)

 

もし玉止めで失敗したら

糸の根元、布に針をしっかりとくっつけます

どの程度離れてしまったかにもよりますが、大体1回巻きつけます
この時、浮いてしまった玉を巻き込んで下さい

しっかりと親指で抑えて引き抜けば、少し玉は大きいですが、表から見て刺繍のステッチが浮かないようになります

もし玉結びと玉止めで苦戦していたら、この方法を思い出して試してみてください(^^)

 

まとめ

 

いかがでしょうか

まず針の構造を理解しましょう

針穴が針の太さよりふくらんでいる為に巻きつけた糸がひっかかってしまうのです

ひっかからないようにするためには、糸をきつく巻きすぎないことです

そして糸が指の間から飛びださないよう注意して針を抜いてください

こちらをまとめた動画があります

玉止めで失敗してしまう方へ

是非ご参照ください

玉結び、玉止めをしっかりマスターして、益々楽しいステッチライフをお楽しみください(*^^*)

 

LINE@をご登録くださった方にはお得な情報なども配信中です(*^^*) ↓↓↓

コメント