スモッキング刺繍の基礎知識

スモッキング刺繍

東京・目白の刺繍教室
K.Inoue 刺繍教室の井上貴代美です

今日はお教室でも人気の刺繍

スモッキング刺繍

についてご紹介させていただきます

スモッキング刺繍とは

生地に細かくひだを作り、そのひだ山に刺繍糸で幾何学模様等のステッチをいれていく手法のことです

ゴムを入れたように伸び縮みをするのも特徴的です

※ゴムは入っていません

スモッキング刺繍の歴史

17世紀頃からヨーロッパ中心に広まりました

もともとはヨーロッパの農民が着ていた丈の長い上着(スモック)に施されていたことが名前の由来とも言われています

直線裁ちの着衣を身体の曲線に合わせるための工夫でもあったようです
ヨーロッパは陸続きです
様々な国で美しい色彩や数多くのステッチが取り入れられ、装飾的に発展していきます
そのため、ヨーロッパでは民族衣装などにスモッキング刺繍がほどこされたものが多くみられるようです

この画像はスモッキング刺繍のデザインが掲載されている洋書の表紙ですが、イメージとしてはこのような感じです

日本には大正時代に伝えられました

ヨーロッパの貴族婦人のたしなみの一つに刺繍があったことからでしょうか
日本では上流階級の子女の教養として発展しいます

直線裁ちからの発展~ヨーロッパと日本比較

ここで面白いことに気づきました

スモッキング刺繍の成り立ちが直線裁ちの着衣からきているということです

直線裁ちといえば着物は直線裁ちの衣服です

日本が長い時間、直線裁ちの衣服で過ごしていた中で、ヨーロッパではギャザーを寄せることで直線のものを曲線に変化させてきたのですね

スモッキングとシャーリング

シャーリングとはギャザー縫いでひだをよせたもの
※細いゴムで縫い寄せる場合もあります

スモッキングはギャザーをよせた上に飾り縫いとして模様を施したものです

どちらも伸び縮みをするのが特徴の一つですが、スモッキング刺繍にはゴムは入っていません
そして幾何学模様の刺繍が施されているのが特徴の一つであり違いでもあります

スモッキング刺繍のステッチ

スモッキング刺繍にはいくつかの基本的なステッチがあります

・ケーブルステッチ

・ダイヤモンドステッチ


・ウェーブ(トレリス)ステッチ

※緑の刺繍部分です

などですが、他にもドットの特性を利用したステッチや、ギンガムチェックをバイヤスに使って楽しんだりもできるハニコムステッチ、他にはカナディアンスモッキングという名称で更に沢山のステッチを使った楽しみ方が広がっているようです

ステッチについては改めて詳しくご案内できればと思っています

スモッキング刺繍の楽しみ方

現代でスモッキング刺繍といえば、小さな女の子のお洋服に施されたものとして見かけることが多いかと思います

最近ではイギリス王室のシャーロット王女が可愛いスモッキング刺繍のお洋服を着て、私たちの目を楽しませてくれています

K.Inoue 刺繍教室でもお洋服としてのスモッキング刺繍をしたりもしますが、レッスンバッグやお弁当服や巾着など、更に身近なものとして活用し楽しんでいます

 

まとめ

ひと針ひと針のスモッキング刺繍のステッチは時代を越え、用途を変えたりしながら現在に至っています

スモッキング刺繍が現代でも愛される理由は、長い歴史のなかで培われた人の知恵と愛情がそこにあるからではないでしょうか

K.Inoue 刺繍教室では、スモッキング刺繍をもっと身近に、そして現代風にアレンジした作品作りを目指していきたいと思います

 

お教室へのお問い合わせ

性別
男性女性




お申込
レッスン1レッスン2

コメント